2018年11月25日(日)

近鉄八尾駅におきまして、立憲民主党 大阪府連「月イチ街宣」を行いました。

 

 

 

 

 

 

たくさんの友人、知人が駆けつけてくれました。
また、道行く人も足を止めて聴いて下さり、
ネットで情報を得て参加して下さった方もいました。
本当にありがとうございました。

立憲民主党 衆議院議員の皆さんからの国政報告です。

入管法改正の議論で見えてきた外国人労働者への不当な扱いの実態や、
大阪万博開催が決定した所ですが、危惧する事と、
開催に向けての市民との対話の必要性。
現国会で水道法改正の問題。
「水は人権」とのお話は、「知らなかった」では済まない事。

命に関わる水の話。水道施設の運営を民間委託するとどうなるのか、
もっと議論が必要ではないでしょうか?
まずは、知らなければと思いました。

大阪万博開催とIR(カジノ)の問題を別にして考える事が必要。
経済効果の恩恵を受ける分、どこにしわ寄せが行くのか?
みんなが幸せに向かう取り組みなのか疑問です。
ギャンブル依存の問題、貧困の問題に直結しています。

子どもの人権にかかわる市民活動を長くやってきましたが、
大きな命に関わる事件が起こるたびに無力感を感じてきました。
刑事訴訟の被告人弁護人として、亀石さんからのお話はリアルなお話でした。
社会の中にある暴力が最終一番弱い所に
連鎖していく構造を変えなくては、被害は減らない。
男性中心の社会構造をまずは政治の世界から変えていきたい
というお話はまさに私の想いとも共通します。

立憲民主党のみなさんが八尾で西川ありを応援していただけたこと、
私のメッセージを八尾の皆さんに届けられた事を嬉しく思います。
そして、八尾の皆さんに、立憲民主党のみなさんの想いを届けられた事もうれしいです。
どうして私が立憲民主党で頑張ろうと思ったのか、少しは伝わったでしょうか?

私も関心がなかった時には国の政党なんて、どれも一緒と思っていました。
それでこんな世の中になってしまったと、
次の世代の子どもたちに申し訳なさでいっぱいです。
今から、頑張ります。

朝の駅で見かけてたよ、頑張ってね。
八尾に立憲で立ってくれてありがとう!
ありの想いを聴きにきたよ。

たくさんの声に力をいただきました。

子どもにやさしいまちは、
すべての人にやさしいまちだと私は思っています。
それほど、子どもは、力を持たされていません。

皆さんと一緒に、八尾のまちを、
子どもにやさしいまちに!

 

司会:立憲民主党八尾市政対策委員長 西川あり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪府連代表 大阪10区 辻元清美衆議院議員

 

 

 

 

 

 

大阪府連代表代行 大阪16区 森山浩行衆議院議員

 

 

 

 

 

 

田中誠太 八尾市長

 

 

 

 

 

 

大阪府連幹事長 大阪5区 長尾秀樹衆議院議員

 

 

 

 

 

 

大阪府連副代表 大阪6区 村上史好衆議院議員

 

 

 

 

 

 

大阪1区総支部長 村上賀厚さん

 

 

 

 

 

 

大阪参議院選挙区第1総支部長 かめいし倫子さん

 

 

 

 

 

 

終了後の集合写真です!
最後まで本当にありがとうございました。