西川ありの「ビジョン」

女性が働きやすく、暮らしやすいまち
すべての子どもが安心して生活できるまち
世代を問わず、健康で楽しく社会に関われる共生のまち

西川ありの「あり」と「なし」

女性

私の人生(こと)は私が決める  #あり
女のくせに 男のくせに    #なし

子ども

自分がすきな子ども  #あり
居場所がない子ども  #なし

わかもの

若い人が希望を持てるまち  #あり
若い人が未来をあきらめるまち  #なし

ライフワークバランス

いろんな働き方応援  #あり
働く人をモノ扱い  #なし

多様性

多様性のまち  #あり
ヘイトスピーチ  #なし

西川ありのアクション

■生涯を通じ女性の力が発揮される「ありたい自分」の応援

■一人親家庭への自立支援策の充実

■子育ての不安・負担軽減 つながる子育て促進

■総合的に子どもの育ちをサポートする (仮)こども未来センターを設置

■多様な教育・居場所づくりで子どもたちの困りごとへの柔軟な対応

■子ども参加を保障する独立したオンブズパーソン制度(※)・アドボケイト活動(※)

■子ども・親のニーズに沿った、安心な放課後の保障

■若い人が参加できる住みやすいまちづくり推進

■公共施設のバリアフリー化

■ヘイトスピーチは許さない

■多様な性を配慮した行政施策

※オンブズパーソン制度
オンブズパーソンは苦情等を調査し、良い方向に改善するように施設に働きかける第三者機関です。

※アドボケイト
権利表明が困難な子どもに代わり、その権利を代弁・擁護し、権利実現を支援する機能をアドボカシー(advocacy)、代弁・擁護者をアドボケイト(advocate)と呼びます。