8月3日(金)

福島からの保養キャンプに
2011年の東日本大震災から8年目、
福島の子どもたちを招いてのキャンプを実施されている
「きんじょすくいの会」さんの『元気いっぱい琵琶湖キャンプ』
のお手伝いに参加しました。

最初中学2年で参加した少女は大学生になり、
今回は引率のリーダーで参加されています。

今日は琵琶湖博物館見学で、私はお弁当運びです!
毎回ボランティアさんで食事提供されていますが、
20食近くの料理担当の方、本当にお疲れ様です!

滋賀に来て、琵琶湖で楽しみ、のびのびしているみんなですが、
詳しく話を聞くと、リーダーで参加した彼女は、
高校3年間仙台まで往復4時間かけてバスで通ったそうです。
今年やっと電車が開通したそうな。復興はまだまだなんだと感じました。
いま、ここから、私に出来る事。
一人一人が考える事を続けなければ、忘れられていく気がしています。
自分事にしていくためにも、「知る」事が大事だと改めて思いました。