原田千恵子 様より、応援メッセージをいただきました。

「すべての人には幸せに生きる権利がある。」

西川ありさんは、このことをご自身の様々な活動を通して、長年こどもたちに伝えてこられました。

こどもが虐待されたり、ひどいいじめに遭ったり、犯罪に巻き込まれたり、自分で命を絶ってしまったり… そうしたことに、自分のことのように心を痛め、こどもたちが幸せに生きられるには、大人が何をすればいいかを考え、ありさんの思いに共感する仲間たちと、アイディアを出し合い、ひとつひとつ形にして活動してこられました。

ご自身が子育てに悩む中で、同じ悩みを持つ仲間と出会い、子育て中のママたちが、八尾で安心してこどもを連れていける場所のマップ作りに始まり、子育ての情報を交換できる子育てサークル、こどもが一人で出歩くようになれば、こども自身が自分を犯罪から守る方法を伝える活動、中学生には、いじめをちょっとでもなくすための授業、学校にいくのがしんどくなった思春期のこどもたちが安心できる居場所など、すべてこの八尾を中心に実践されてきました。

このたび、八尾市会議員に立候補して、これまでの活動をもとに、政策を実行していくことを決意されました。

「ありさんのやっていること、こどものためだけやん」と思われますか?八尾のこどもひとりひとりが、幸せに生き生きと育てば、私たち大人の将来もきっと明るくなるはずです。

「将来なんて、待ってられない。今がしんどい」という人は、ぜひありさんに思いを聴いてもらってください。ありさんは、困っている人の話に、真剣に耳を傾け、一緒に悩み、一生懸命に考えて動いてくれる人です。

こんな人に八尾の市政を担ってほしい。

ぜひあなたも西川ありさんに出会ってください。